妊娠前から葉酸サプリを飲もう

母子手帳には葉酸の摂取に気をつけましょうといったことがかかれています。

母子手帳をもらった方なら記載されている内容を見て葉酸摂取に気をつけると思いますが、妊娠前の方は葉酸摂取の重要性を感じておらず、葉酸を摂取していないことがあります。

葉酸は妊婦にとって大切な栄養素ですが、妊娠前の女性にとっても大切な栄養素です。

不足しないように葉酸サプリで妊娠前からとっておく必要があります。

葉酸はDNAの合成に必要な栄養で、細胞分裂を活発にする胎児はたくさんの葉酸を必要としています。

胎児の脳や神経が作られるのは、妊娠3か月目まです。

この時期に葉酸の摂取が不足すると先天性異常のリスクが高まります。

妊娠初期はお腹のふくらみが目立たないため妊娠に気が付かず、葉酸サプリの摂取が遅れてしまう可能性があります。

妊娠3か月を過ぎてから慌てて葉酸サプリを飲み始めても遅いです。

そのため、妊娠前から葉酸サプリを飲んでおく必要があります。

海外の研究では、妊娠1か月前から妊娠12週目まで毎日葉酸400μg摂ると神経管閉鎖障害のリスクが70%減ると報告しています。

妊娠を考えている女性は妊娠1か月前から葉酸サプリを飲んでおくと健康な赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。

葉酸サプリは神経の障害の予防に効く

葉酸サプリをキチンと取れば、胎児に対して発症する危険性がある神経の障害を予防することが出来るようになります。

この障害のことを神経管閉鎖障害といいます。

これは、脳や脊椎を作っている神経管が妊娠前期の際に正常に作られなくなって発症してしまう障害のことで、色々な原因が考えられています。

この神経の障害に関しては、葉酸をきちんと摂取することによって発症のリスクを抑えることが出来るということが研究結果でわかっていますので、葉酸サプリを取ることによって重大な神経の病気を治療することが出来るわけです。

もちろん、葉酸不足が原因だけでこの症状が起こってしまうわけではありませんので、一つの予防策としてこの方法が存在するということを知っておきましょう。

葉酸のようにビタミンというのは人間の身体機能を形成したり正しく機能させるためには不可欠な栄養分であるため、葉酸にかぎらず栄養分はバランスよく摂取しなくてはならないのは当然の話しです。

その中でも特に妊娠に関してはビタミンの中でも葉酸が重要な役割を果たしているのも事実であるということを理解しておかなくてはなりません。

葉酸をとるだけで胎児の神経の形成に良い影響を与えます。